menu
在庫一覧
トラック買取窓口
在庫が希望をマッチしない方はこちら
在庫車両へのお問い合わせの際は車輌管理番号をお伝えください
tel.
0586-59-7771
365日いつでもお問い合わせ可能
logo_header_s
logo_header_s

名岐トラックオートコラム

COLUMN

トラックの荷台 ウイング編

トラックは仕事内容によって、さまざまな形状があります。

 

今回は、トラックの様々なボディーの中の1つ、【ウィング車】について、構造、種類、メリット、デメリット、メンテナンス方法について、詳しく説明していきます。

Contents

ウイング車の構造

バン型車の荷台側面が、羽のように上に上がり、荷台両側を全面開くことができる特殊車両がウィング車です。

ウィング車には

 

・フルウィングタイプ

・フレキシブルオープンタイプ

・2段フロアタイプ

・ソフトハミックタイプ

・片側フルオープンタイプ

・オープンルーフタイプ

 

など様々な種類があります。

 

ウィング車の外側の材質もパネル、アルミ、幌など様々な種類があります。

ウイングのボディメーカー

・株式会社パブコ

・日本フルハーフ株式会社

・日本トレクス株式会社

・株式会社トランテックス

東邦車輛株式会社

・小平産業 株式会社

・株式会社アイビックス

 

など様々なボディーメーカーがあります。

ウイングのボディメーカー

・株式会社パブコ

・日本フルハーフ株式会社

・日本トレクス株式会社

・株式会社トランテックス

東邦車輛株式会社

・小平産業 株式会社

・株式会社アイビックス

 

など様々なボディーメーカーがあります。

ウイング車のメリットとデメリット

メリットは以下のことが考えられます。

 

・荷台の両側面が開放になるためフォークリフトを使った荷物の積み下ろしが簡単に、効率よく荷降ろし作業ができる。


・通常の後部の開閉扉では積み下ろしが難しい大きさや形状の荷物でも
側面から積み下ろしをすることで可能になる。

・荷物の運搬以外で、側面を開いて、簡易的な野外ステージなどの物流用途以外での使用も可能になる。

・ウィング車は密閉性が高く、荷物を安定して運べる特徴があり、良質な運搬ができる。(荷台が高いため大きな荷物を隙間なく乗せられるため、荷物の破損を防ぐことができる。効率的に荷物を乗せたい方や、安心して目的地まで運びたいかたはウィング車がおすすめです。)更に、エアサスを搭載する事によって良質な運搬もよくなります。

 

デメリットは以下のことが考えられます。

・モーターや油圧装置が搭載されるため、通常の箱車よりも最大積載量が減少する。

 

ウイング車は車体の側面が開放するため、荷物の積み下ろしの際、車両上部に空間が必要になります。バースの高さが足りない場所などでの作業は不可能となり、荷物の積み込みはトラックバースから少し離れた場所でフォークリフトを使用した作業場スペースが必要となります。

・荷物の積み下ろしの際、誤作動や誤操作で思わぬ事故の可能性があります。

 

メリットとデメリットをしっかり知り上手に使い分けましょう。

よくある故障例

・モーターに負担がかかると故障してウィングが動かなくなる

・電磁弁の故障でウィングが動かなくなる

・油圧機構の寿命が低下し、ウィングが自然に降下してしまう

・油圧シリンダーからのオイル漏れ

など様々な故障例があります。

 

ウィングの故障について、ボディーメーカーでは、上記のような故障を防ぐために、年に1度のオイル交換を推奨しております。

 

早期メンテナンスで、トラブルを未然に防止しましょう!!

 

 

 

以上がウイング車の紹介です。ウイング車をお探しでしたらぜひ名岐トラックオートにお問い合わせください。

販売部 営業 堀

CONTACT US

中古トラック販売・買取に関するお問い合わせ

logo_footer
株式会社 名岐トラックオート
MEIGI TRUCK AUTO
〒493-0001
愛知県一宮市木曽川町黒田十一ノ通り130-1
TEL 0586-59-7771 FAX 0586-59-7744
© MEIGI TRUCK AUTO CO.,LTD Inc. All Rights Reserved.
FOLLOW ME